まりもの育て方からマリモグッズまで、楽しいマリモライフをトータルでサポート!

マリモの会トップ > マリモブログ


「微動だにしないマリモをネタにブログなど更新できるものか」 そんな苦悩が読み取れる痛い内容のブログでございます。風呂に沈んでみたり、髪をボサボサにしてみたり、マリモの気持ちを想像しながら頑張ってネタをひねり出しております。

管理人の技術的事情により、ブログ風のデザインというだけでいたって静的なページです。コメント投稿なんて高度なプログラムは書けません。まったく一方的な独り言ですがご勘弁くださいm(_ _)m


マリモコーナー
2008/04/13 18:02
富士宮(静岡県)のジャスコはまりもコーナーが充実しているよ、そんな特報を得て土日を利用して静岡に行ってきました。静岡と言えば、北海道に並ぶマリモの都。途中で東名高速富士川の道の駅「富士川楽座」に立ち寄ってみたら、実にたくさんの新種のマリモキャラを大人買いできました! ⇒こちらに一部掲載してます
まりもコーナー
passportのマリモコーナー
そして情報元のジャスコ富士宮店に着くやいなや、休憩ほどほどに早速マリモを緊急捜索。店内をくまなく探すまでもなく、2階の雑貨店「passport」に堂々並んでいるのを発見しました!
確かに充実している……店の一番目立つ一角をまりもで埋め尽くされています。さらに気になる存在なのが、上の段にいるマリモのキャラクター。見ると「まりんか」「まりんき」という名前らしい。とってもシンプルだけど、なにか親しみを感じる。。。まりも自体は買わなかったけど(藻はたくさんもっているから)、お人形をゲットして、喜び勇んで帰ってきました☆
まりんき・まりんか
「まりんか」と「まりんき」

passportはわりとどこにでもある有名な雑貨屋さんだから、ほかのお店でも扱っているのかな?また近くのpassportに行ってみよう。
あとあと、上の写真ではちょっと分かりにくいんだけど、左側のビンのまりものオマケにくっついているのはベビーまりんかと、ベビーまりんきのストラップ。お店では単体販売していなかったので諦めかけていたんだけど、後日ネットでゲットしちゃいました。あんまり力んでいない脱力系なところがお気に入りです。

またこんなまりもがいたよ!っていう情報がありましたら、お気軽にお寄せください。お待ちしております!

まりもタオル
2008/04/06 12:59
【マリモ病】 (1)まりもっぽいものを見るとじっとしていられなくなる病気。(2)見るもの全てがまりもに見えてくる。(3)最終的にはまりもになる。
マリモタオル
ネーム刺繍は無料サービス

そんな奇病に冒されているあたし。全く痛くないのになぜか人からは痛いと言われます(涙)
さてさて先日、池袋西武をふらついていたら、まりもにしか見えないタオルが目に入ってきました。しかも2種類。横からはお友達が顔を出しています。まぁかわいい。これはゲットしなくてはと思い、迷わず会計に進むと、なんと名前を刺繍で入れてくれるって。しかも無料!間髪入れずに「まりも」で頼むと「まりもさんでよろしいですね」と快諾してくれました。本当は病気の力にまかせて「まりもっこり」でお願いしたかったんだけど。。。小心者ですから。だめって言われたときに入る穴がなかったから。
ちなみにこのタオル、姉と慕う先輩にもプレゼント。とっても喜んでくれました!これからもヨロシク頼みますっ!
毬藻庭園
2008/03/23 14:37
先週、スポンジマリモについて記載しましたが、その流れで造花ならぬ造藻を使ってフェイクマリモを工作しちゃいますよっ!
スポンジまりも
マリモ工作キット一式
今回用意しました造藻は、東急ハンズや世界堂(新宿)などで手に入れることができる「樹木玉」。建築模型の素材で、最初に見た瞬間「マリモじゃん!」と叫んでしまいました。マリモ以外の使い道が見出せないマリモ脳なわたくしにとって、これほどまでに心を動かされるアイテムはありません。サイズによって多少表面の質感は違うのですが、今回は1〜1.5cm位の玉をチョイスしました。リアル感を出すために砂もゲット。
スポンジまりも
作品名「毬藻庭園」

ちょっと高級な感じの黒いお皿もわざわざ合羽橋(東京都台東区)まで行って購入。さらにアクセントになる石は観葉植物から拝借。これで材料は揃いました。

湖底の静寂は日本庭園にも通じます。マリモが持つ悠久の時の流れを想いながら、かくして毬藻庭園は作られました。その出来栄えは……うーん、マリモの質感がいまいちかなぁ。あんまりなじんでいないなぁ。だがしかし水に入れたらきっとリアル感が増すことでしょう。次回作は湖底の故郷(ふるさと)で決まりです。 お粗末さまでした。
愛情注げど…
2008/03/16 22:15
会社の倉庫を整理していたら、懐かしいマリモが出てきました。忘れ去られて、すっかりカラカラになったまりも。そうカラカラに。。。
スポンジまりも
7年ぶりに水を得たマリモ。
いまから7年前、会社の仲間から「マリモが大きくならないの」と相談を受けました。聞くと、何年も水を換えてきちんと手入れをしているのに、全く大きくならないのだそう。そこで診察。衝撃の結果は…精巧に作られたスポンジまりも。水に入れたら本物とほとんど区別がつきません。おそるおそる衝撃の事実を伝えると、ショックのあまり呆然と立ち尽くしちゃいました。ずっと愛情を注ぎ大切に育ててきた(つもりの)友人に、残酷な宣告をしてしまったと反省しました。
それ以来、社内ではタブーとされていた過去ですが、さすがに時効だろうということで封印を解いた次第であります。
続マリモキャッチャー
2008/03/09 20:52
先週に続き、今週もUFOキャッチャーにトライ。アキバ限定まりもっこりを大量にゲットして、プレゼントしちゃうのだ!そんな密かな野望を抱き、仕事帰りに再び同じゲームセンターへ。
UFOキャッチャーまりもっこり
なぜかノーマルなまりもっこりばかり
今日もレアもののまりもっこりが山盛りになっているのを想像していたら……アキバ限定まりもっこりに代わって割とオーソドックスなまりもっこりになっているではないか。とりあえず2000円を100円玉に両替して、レッツトライ。気になる戦利品は下記の通り。
  • 緑ジャージ×5
  • 黄ジャージ×5
  • スーパーまりもっこり×3
  • 目玉のおやじ×2
2000円(20回)の割りには結構良い?なぜかゴロゴロと簡単に崩れてきました。この13個のまりもっこりは近々プレゼントコーナーにアップしますので、欲しい方はお気軽にご応募ください。受付開始の時にはまたお知らせいたします。(ここだけのはなし、倍率は低いので割と当たりやすいですよん)
マリモキャッチャー
2008/03/02 18:45
秋葉原限定のまりもっこり。アミューズメントの景品だという情報を元に、秋葉原のゲームセンターを突撃しました!
秋葉原限定まりもっこり
戦利品にてUFOキャッチャーを再現
個性輝く街では、さすがのまりもっこりも霞んでしまうのか、どこに潜んでいるのかさっぱりわかりません。小一時間探した挙句、もはやアキバの住人に聞くしかないと、道端で全力で踊っている人に声をかけ……そうになった瞬間、一台のUFOキャッチャーが目にとまりました。いろんなキャラクターがつまったジャンクなマシン。3000円を両替し、湯水のごとく100円玉をつぎ込む。かすりもしないまりもっこりを尻目に、目玉のオヤジばかりがコロコロ落ちる。1回で3個もおやじが崩れ落ちる。後ろで見ている2人のカップルが引いている。ものすごい勢いで100円玉を注ぐ姿はアキバ系に見られているに違いない。そして約2800円をマシンに注いだところで我にかえる。
  • オタクまりもっこり×1
  • メイドまりもっこり×1
  • カメコまりもっこり×2
  • ウサギの人形×1
  • 目玉のおやじ×10
疲れ果て、使い果て、満足感と喪失感が交錯する不思議な気持ちで家路につく。恐るべし、秋葉原。
マリモアクセ
2008/02/17 17:11
マリモ病という奇病にかかっておりまして、丸いものは何でもマリモに見えてしまいます。このマリモ病がけっこう厄介なもので……
マリモの泉
これはお台場の雑貨屋さんで見つけたマリモアクセ。美麗にマリモを包含。
街を歩けば丸く形を整えられた植え込みを眺め、電車に乗ればきめ細かな椅子のフサフサな感触に酔い。。。緑のフサフサしているものならなんでもマリモに思えてきてしまうのです。その場から離れられなくなる不思議な魅力。いったい何がそうさせるのか。いったいどんな精神状態なのか。そもそもいったい何がいいのか、、、自分でも分からないのがマリモ病。スイマーとか大中とか平気で緑のアクセサリー買っちゃうし。。。男なのに。
今後のサイト更新予定
2008/02/10 16:57
まりもっこりに夢中になるあまり、すっかり忘れていたマリモ新聞。時間がたつのは早いもので、前号は昨年の夏だったなんて。。。ということで、思い出したようにマリモ新聞春号を制作したいと思います。けっこう思いつきで作業をしていますので、いつ完成するか分かりませんが、春のうちにとだけお伝えしておきます。こんな記事があったらとか、何かご要望がありましたらぜひお寄せください。
あとあと、マリモコンテスト・プレゼントコーナーなども第二段を考えています。今後ともマリモの会をどうぞよろしくお願いいたします。
ブログはじめました
2008/02/03 10:14
過去何度か挑戦するもネタが続かず挫折したブログページ……何にも言ってくれないマリモの様子を毎週お届けするのはあれだし、管理人のプライベートトークなんて誰も読みたくないだろうしなぁ。
マリモの泉
湧きでるアイディアをイメージしたマリモの泉。ネタが尽きませんように。
でもねでもね、このサイトからみなさんに告知するページがどこにもなかったから、やっぱりブログ的なページはあったほうがいいと思う。このページを作っている人の悲鳴とかも聞こえた方がリアルだし。ということで、今日からほぼ毎週なにかしらのひとりごとを繰り広げていきます。ただ、いまのところ管理人の技術的な問題からコメント投稿などのプログラムは作れませんので、何か伝えたいことがありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。それでは今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。管理人より

【プロフィール】

マリモの会管理人。決してまりも体形ではないのだが、最近まりもっぽいと言われるようになってきた。丸いものを見るとみんなまりもに見える奇病を患う。