まりもの育て方からマリモグッズまで、楽しいマリモライフをトータルでサポート!

 マリモの会トップ > マリモとは/マリモが丸くなるまで

マリモとは

マリモが丸くなるまで

マリモは小さな糸のような藻、糸状体がたくさん集まって丸くなると先ほどかきました。このちいさな藻は、はたしてどのようにしてきれいな球になるのでしょうか。
湖底のマリモがまるくなるのは、水の流れによる回転運動と、マリモを形成する糸状体の性質によります。
マリモの糸状体の性質とは、それぞれからみ合い、球体を形成することです。マリモの糸状体は枝分かれをしていて、表面がざらざらする特徴をもつので、マリモの回転運動により美しい球体を作り出すことができるのです。

マリモは植物ですので、光合成をして成長します。マリモの上方に日光があたると上部の糸状体が光合成をして成長し、上部が重くなると下方に回転します。すると今まで光があたっていなかった部分に日光があたります。
このように成長と回転をくりかえすことで、全体がまんべんなく光合成をすることができるのです。
マリモの回転運動は、湖水の流れと自身による回転のように地球の自転と公転の関係を持って全面に光があたるような構造になっています。
表面の藻は成長し、のびることで密度が高まり、よりしっかりした球になると考えられています。

 
ぼくたちマリモは水の流れで回転するうちに、水の中にただよっている糸状体がくっついて大きくなることもあるんだ。まるで雪だるまみたいだね。
マリモ星人

マリモのふえかた

マリモの球体を構成する糸状体は成長し、ある程度伸びると枝分かれした部分が途中で切れ、そこからまた小さな藻が成長していきます。
マリモはこうして切断をくりかえすことで繁殖していくのです。

湖にただよっていた無数の糸状態が、湖の水流でかたまりとなり、やがてきれいな球になって、球形の美しいまりもが誕生します。

前のページ 次のページ